2018年9月5日水曜日

実習14日目(2018.9.3)

14日目は我妻が担当します。

 なんと実習も半分が経過しました。今日で北部地区地域包括支援センターでの実習が最後日になりました。

 午前は、地域包括支援センターが主催で行っている『高栄地区だんだん菜園』に参加させていただきました。

 男性が集うことを目的とした場所としては、市内では初の試みであるとのことです。
参加している方も生き生きと作業されていました。

 菜園を通じて地域の人々がつながっていることにとても驚き、斬新だと感じました。

 その後、運営している多田さんからお話を伺いました。高齢者が集う場所にしていきたいことや、気軽に相談し合える地域づくりを目指していきたいとの目標を教えていただきました。

 地域づくりへの想いのある方を見つけていくことや、そのような人づくりを支援していくことが今後必要になっていくのではないかと思いました。

実習13日目(2018.8.31)

こんにちは。実習生の渡辺です。

今日は午前中に民生委員として活動されている2名の方からお話をいただき、活動をやり始めたきっかけや、やりがい、活動を始めたことで以前と変わったことなどについて質問させていただきました。
民生委員の数はまだまだ少なく、活動していくうえでの利点を継続的に伝えていくことが必要ではないかと考えました。

午後からは居宅介護支援事業所への巡回訪問に同行させていただきました。
事業所の現状や課題について情報収集している様子を見学することができました。業務にあたっての意識についてもお話を伺い、そこから学ぶべき点も多く見つかりました。

実習期間も半分を切り、研究も切羽詰まってきている状況ですが、土日に北見の美味しいもの巡りをして息抜きしようと思います(笑)。

実習12日目(2018.8.30)

 12日目は我妻が担当します。

 今日から北部地区地域包括支援センターに実習場場所を移して、3日間学ばせていただきます。

 午前は、地域包括支援センターにおける主任ケアマネジャー、保健師の役割についてを、また午後からは地域包括支援センターにおける社会福祉士、生活支援コーディネーターの役割についての講義を受けました。 

 地域包括支援センターでは、3職種それぞれの専門性を生かして、また、協力し合いながら地域支援を「丸ごと」展開していると感じました。

 社会福祉協議会とは異なり、対象者は高齢者がメインではありますが、共通性を見つけていければと思います。

2018年9月3日月曜日

実習11日目(2018.8.29)

こんにちは。実習生の渡辺です。

今日は午前中に自身の研究テーマについて調査を行い、午後からは社協をはじめとする複数の専門職によって開かれるケース検討会議、支援調整会議に参加させていただきました。

実際のケースについて現状を把握し、各専門機関から見た利用者の様子や、利用者の周囲の社会資源についての情報共有が行われている様子を見学することができました。実際の問題は複合的なニーズが多く、解決のためのプロセスをどのように展開していくかを考える機会になりました。


明日からは数日地域包括支援センターで実習を行います。自分の研究テーマにも通ずる部分があるので、何を学ぶのか・質問するのかをしっかり整理して臨みたいと思います。

2018年8月31日金曜日

実習10日目(2018.8.28)

10日目は我妻が担当します。

 午前中は相内中学校での車いす擬似体験授業に同行させていただきました。
授業を始める前に、ボランティアアシスタントで車いすを使われている萩原さんと、職員の菊池さんから
「車いすを使用されている方はどのようなことに困るのか」
「押す側(介助者)はどのようなことが難しいのか」
など、疑似体験を行う上で、意識して取り組む視点について説明がありました。


事前にポイントを意識して臨むことによって、意味を考えながら取りむことができると思いました。また、模擬体験授業を通して、車いすや介助者、バリアフリーの意味など「福祉」を考える機会になっていると感じました。 




午後からは、法人後見業務に同行し、留辺蘂町のやよい苑に訪問させていただきました。

 
 被後見人さんへお話しと質問をさせていただきましたが、会話が続かない場面があり、伝わりやすい言葉にしていく工夫や、会話を続けていくためにも人となりなどを調べておくなど、事前の準備が必要だと感じました。


権利擁護係職員の君野さんから、受講後振り返りをしていただくことで、相談援助の技法はそれぞれの対象者に合わせて活用していくことや知的障がい者の施設が山奥にあった理由などを学びました。

帰路の途中で温根湯の道の駅に立ち寄っていただき、日本一のからくり時計や地域特産についても知ることができた、学びが多い1日でした。

2018年8月30日木曜日

実習9日目(2018.8.27)

こんにちは。実習生の渡辺です。

今日は午前中に障がい者相談支援センター「ほっと」、オホーツク障がい者就業・生活支援センター「あおぞら」、民生委員協議会にご挨拶として訪問させていただきました。それぞれの機関が社会福祉協議会とどのように連携を図っているのかについて知ることが出来ました。

午後からは研究テーマの進捗を確認し、まだ掘り下げられる部分が多く見つかりました。考える内容も難しくなってきましたが、一つずつ自分の中で消化しながら整理していきたいです。 


実習も2週目に入りました。一日一日を大切にし、学習や研究に努めていきたいと思います。

2018年8月29日水曜日

実習8日目(2018.8.24)

実習8日目は我妻が担当します。

 今日は、明日、明後日開催予定の一大イベントである「ふれあい広場」の準備を行う予定でしたが、二つの台風が接近し悪天候が予想されており、8時30分から急遽、開催可否を検討する会議が行われ、その場に同席させていただきました。




 会議には、手話通訳士の方が手配されており、全ての参加者が意見を言いやすい会議になっていると感じました。また、その環境を整えることも社協だからこそではないかと思いました。

会議では、警報が発表される中、参加者の安全を最優先に配慮する必要性から、開催の中止が決定されました。

 会議後、参加を予定されている団体や関係機関、またフライヤーを配布した学校等への連絡・調整等を、社会福祉協議会の職員の皆さんが一丸となって、また即座に役割分担し対応されている様子にとても驚きました。

私は、借用していた機材や道具の返却の対応に同行させていただきましたが、福祉以外の機関も多く、福祉の事業では他の分野の機関とも連携し行われていることを改めて知りました。 



福祉は生活の一部分であることを改めて感じることができました。